ゴシゴシ洗っても泥汚れは落ちない!?!?

泥汚れオリジナル酵素で真っ白

そんな時はなんとか泥汚れを落とそうと必死になり、固い部分に生地を押し付けて、
ゴシゴシ洗ってしまうという経験は、ある人は多いでしょう。
「力強く洗うことによって汚れが落ちていく」というイメージがありますが、それは違います。


ちょっと前に、泥汚れ、ガンコ汚れは”洗濯板”を使って、固形石鹸を生地にあてて
ゴリゴリこすって汚れを落としていた背景があります。
泥汚れはガンコ汚れです。よって、どれくらい時間をかけて落とすのか?といえば、
1時間近く洗濯板でゴシゴシ洗いしていた、なんて方もいらっしゃいます。


ちなみに1時間も洗濯板で洗っていたら、もし素手で洗っていた場合、
かなり高い確率で、「手荒れ」します。おそらくどんなエコ洗剤を使っていたとしても、
1時間も洗濯していたら、ボロボロになります。
※回避策としては、長時間洗濯する場合は炊事用手袋の着用を強くオススメします


生地が傷むって・・・?

泥汚れオリジナル酵素で真っ白

ゴシゴシ洗いのデメリットですが、時間がかかる、という点以外に
「生地が傷む」という点があります。生地が傷むとどうなるか?
それは、ボロボロとなってしまい、最悪穴があいてしまいます。

野球やサッカーなどのスポーツの靴下、ユニフォームは、
生地が厚いものもあるため、多少ゴシゴシあらったり、高めの温度で洗濯しても
洗浄効果が高まるため、方法としては1つあるのですが、

やはりゴシゴシ洗いは、生地をぼろぼろにします。

また、汚れが取れそうだから、という感覚で、タワシや歯ブラシを使う方もいらっしゃいます。
これまたオススメはしません。理由は、毛先の問題で、
固い、柔らかい、様々な種類がある中で、一概にコレという表現ができないのも事実です。

もちろん、繊維の奥に入った汚れを書き出すのに、タワシや歯ブラシのような、
細かい汚れを書き出すのには効果的かもしれません。しかし、
繊維自体を壊してしまうと、そこに汚れが入り、修正できなくなってしまいます。


ゴシゴシ洗いより効果的な洗い方

泥汚れオリジナル酵素で真っ白

対策としては、洗剤液を溶かした中で、しっかり泥汚れ洗剤でつけ置きします。
その点、ドロンパッは効果的に汚れを浮かし出します。
その上で、”体を洗うような柔らかいネット”を使って、つけ置き後、
ユニフォームや靴下の繊維の向きに沿って、汚れをかき出すようにこすると、
生地をいためずに、泥汚れを落とすことができます。

汚れ洗剤ドロンパッは、洗濯板に変わる泥汚れ洗剤の救世主でもあります。
ぜひ、時間短縮しながら、これまでの洗濯の苦痛から逃れて自由な時間を増やしてください。