泥汚れが残ったまま放置してしまうと...


泥汚れをそのまま放置してしまうと、その期間が長ければ長いほど、「シミ」といった
目に見える汚れが現れます。泥汚れの箇所が黄ばんで、変色してしまう、という状態になります。
これは、酸化することによって、汚れが凝固し、落ちにくい汚れになってしまったのです。


変色・退色とは?


泥汚れオリジナル酵素で真っ白

衣類汚れをそのままにして保管したり、着用し続けることで、汚れの部分の繊維が
壊れてしまい、色落ちや、色あせが起こります。このことを変色、退色と言います。
これらを防ぐためには、汚れた段階で、徹底的に泥汚れを落とす必要があります。

しっかり汚れを落としきって保管することによって、キレイなまま長持ちさせることができます。


べも、変色や退色しても、漂白剤を使えばいいんじゃないか?
と思われる方もいるかもしれません。たしかに、漂白剤を使うことで、
「白さ」を戻せるかもしれません。

色が抜けてしまった状態(つまり退色)の衣類をもとどおりにするには、
新たに染色補正が必要になるため、クリーニング店に相談が必要になります。
どうしても個人では難しいのです。

さらに厄介なことに

泥汚れオリジナル酵素で真っ白

洗濯をして一見キレイに見えるユニフォームや靴下にも、変色・退色は起こります。
理由としては、汚れが残ったまま洗濯を終わらせていることに原因があります。
とはいえ、毎回毎回長時間洗えばいいのか?といえばそうではありません。
対策としては、汚れたら、なるべく早めに洗濯をすること(できれば本日中)です。


このくらいのよごれなら大丈夫。

泥汚れオリジナル酵素で真っ白

という一言で片付けてしまうケース、経験あるでしょうか。
そのことが変色や退色の原因になってしまいます。また、泥汚れだけではなく、汗の皮脂汚れ、
食べ物の汚れも同様に、放っておくとシミの原因になります。

気がついた段階で、しっかり洗濯して汚れを落としていきましょう。

汚れ洗剤ドロンパッは、洗濯板に変わる泥汚れ洗剤の救世主でもあります。
ぜひ、時間短縮しながら、これまでの洗濯の苦痛から逃れて自由な時間を増やしてください。